脱毛って痛そう!というか痛い!そんなイメージありませんか?ひとくちに脱毛といっても脱毛サロンやクリニックによって脱毛機や脱毛のやり方が違っていて、痛みの感じ方も人それぞれ。痛くない脱毛サロン検索.comでは口コミを元に痛くない評判の脱毛サロン、医療脱毛を紹介しています。

VIOラインの脱毛は痛い?VIO脱毛の方法と痛みの対策を知ろう!

VIO脱毛に興味はあるけどやっぱり怖いのが痛み!誰だって痛いのは嫌なもので、できれば味わいたくないものです。カミソリで毛を剃るのとは違い脱毛は毛穴の細胞を攻撃するわけですからどれほどの痛みを感じることになるのか怖いのも当然といえます。

ですが脱毛にも様々な方法があり、痛みを軽減する処置もきちんと存在しています。必ずしも激痛を伴うわけではないのです。VIOラインはデリケートな部分なので不安になりがちですが、しっかりとした知識をつければ安心して脱毛できるようになるでしょう。

VIO脱毛の痛みについての口コミ

まずは実際にVIO脱毛をした方の口コミを見ていきましょう。

「VIO脱毛は痛い」という方の口コミ

輪ゴムで皮膚を弾いたときの痛みと聞いてましたがそれどころじゃありませんでした…むしろ揚げ物をするときに油が跳ねて腕に当たったときのような痛みです。歯を食いしばりながら何とか耐えてますがやっぱり痛いので大変です。

麻酔なしだとつい反射的に声が出てしまうほど痛いですね。特にIラインがきつくて我慢しながら処理してもらいました。ただ処理する部分が狭いので時間的には短く済むのは助かります。クリニックの出力が強かったり個人差もあるとは思いますが痛かったです。

最初のうちは特に痛くて、というかむしろ熱い感覚がしました。耐えられなくてコースの途中で解約する方がいるというのも理解できます。慣れても痛いものは痛いのできついですが、そろそろコースを終えることができるので頑張って通院している状況です。

「VIO脱毛とくに痛くなかった」という方の口コミ

以前別の箇所を脱毛していたときは激しい痛みを感じたので少し緊張していたのですがVIO脱毛に限っては我慢できました。思っていたより痛みが少なかったので楽に脱毛できて良かったです。もしかしたら脱毛するときに使ってくれた冷却スプレーのおかげ?

多少の痛みはありましたが、IラインとOラインに関してはほとんど痛みを感じませんでした。事前に考えていたよりも痛みが少なかったので拍子抜けするほどです。むしろ痛いというより恥ずかしさの方が勝っていましたね。

やっぱり痛いのが心配だったので麻酔を使ってもらいました。麻酔はクリーム状のもので全部自分で塗りこんでから処理してもらったのですが、思っていたほどの痛みが無かったので良かったです。しっかり麻酔が効いていたのでこれからも安心して処理していけます。

これらの口コミを考えて見ると痛みの個人差が見て取れます。

激しい痛みを感じる方もいれば、麻酔をしなくても痛くなかったという方もいるので「必ず痛いもの」と結論付けることはできません。

また痛みが耐えられない場合には冷却スプレーや麻酔を使うと良いことも分かります。痛みには個人差があり、痛みを抑える対策も存在するというわけです。

脱毛サロンと医療クリニックのVIO脱毛は痛さが全然違う

フラッシュ脱毛におけるVIO脱毛の痛み

フラッシュ脱毛というのは出力の弱い脱毛機器を使う方法です。

主にサロンで採用されていて痛みは少ないのですが、効果が弱めなので回数を重ねて通院する必要があります。少しチクッとするような痛みを感じるぐらいなので痛いのが嫌な方に向いている脱毛方法です。

 

レーザー脱毛におけるVIO脱毛の痛み

出力の強いレーザーを使って脱毛するのがレーザー脱毛です。

フラッシュ脱毛より強い出力でレーザーを毛穴に照射するのでそれだけ刺激は強く痛みも大きいものとなります。ですがしっかりと脱毛してくれるので本格的にVIO脱毛をしたいならレーザー脱毛は最適です。

 

ブラジリアンワックス脱毛におけるVIO脱毛の痛み

VIOラインにブラジリアンワックスというものを塗り、一気に引き剥がすというのがこの方法です。流れとしては処置する部位の水分を拭き取り、毛の流れに沿ってワックスを塗り、ストリップスという紙を貼り付けたら直ぐにはがしていきます。

ただ毛を引き剥がしていくためやはり痛みは強く、また脱毛効果は弱めでどちらかというと除毛に分類される方法です。

VIO脱毛の痛みは脱毛の種類によって大分異なります。ここで挙げた中ではレーザー脱毛が最も痛い方法です。またクリニックやサロンのスタッフの技量や本人の体質にも左右されます。自分に合った方法できちんとしたところで脱毛していけば痛みも少なくて済むはずです。

痛くない脱毛!おすすめ医療脱毛クリニックと脱毛サロン

リゼクリニック(医療脱毛)

リゼクリニックは痛みの軽減を追及したクリニックです。

まず「医療レーザー脱毛は痛い」という前提から始まり痛み対策を考えている点は信頼できる姿勢といえます。全てのスタッフ自身がレーザー脱毛を経験しているので痛みについての理解が深く、だからこそ施術について親身になってくれるはずです。施術前には徹底して処置する部位をクーリング(冷却)してくれ、麻酔も「麻酔クリーム」と「笑気麻酔」の2つから選ぶ事ができるようになっています。

リゼクリニックって痛くない?脱毛機の特徴や痛み対策・口コミを調査

 

レジーナクリニック(医療脱毛)

レジーナクリニックでは「ジェントルレーズプロ」という脱毛機器を導入しています。これは医療脱毛機として2017年に薬事承認を得た最新マシンです。大口径のレーザーで強力に毛穴を処理でき、毛質に応じて照射時間を調節することもでき冷却機能も有しています。

旧機種と比べて2倍の処理速度となっているので速やかな処理が期待できるでしょう。また、コース料金が比較的安く追加費用がかからない点も魅力です。もちろん麻酔も無料で受けられます。

レジーナクリニックの脱毛は痛くない?痛みに関する口コミ評判を調査

 

ストラッシュ(脱毛サロン)

ストラッシュは「無痛脱毛」を全面に押し出した脱毛サロンです。口コミで「痛いというより熱い」というものがありましたが、ストラッシュの脱毛は「温かい」ものとなっています。これはSHR脱毛という方式で処理しているためです。SHR脱毛とは毛の根元より上部にあるバルジ領域と呼ばれる部分に光を照射する最新の方法となります。毛の根元に刺激を加えるわけではないため痛みを感じにくいというわけです。

ストラッシュの脱毛って痛くない?

ラココ(脱毛サロン)

ラココもストラッシュ同様、SHR方式の脱毛機器を導入しています。また処理スピードが速く、10秒で1000本もの体毛を処理できるので素早い処置ができるのです。具体例としてはワキなら1分、全身なら30分で処理が終わってしまいます。また、これまでの脱毛方法はムダ毛のメラニン色素に熱を溜め込んで処理するというものだったのでウブ毛などを処理するのは難しかったのですが、ラココのSHR方式ならこうした部位を処理することも可能です。

ラココの脱毛って痛くない?脱毛方法や口コミで検証!

痛くない家庭用脱毛器ケノン

クリニックやサロンでVIOラインを処理するというのは少し恥ずかしいものです。

そんなときに助けとなってくれるのが家庭用脱毛器のケノンとなります。出力を10段階で調節できるので肌が弱く痛みが心配な方でも使うことができます。それから光を照射するパーツをカートリッジと呼ぶのですが、ケノンにはラージとスリムの2つがあり、VIOラインを処理するときにはスリムを使用すると良いでしょう。

脱毛の痛みの対処法

初回カウンセリングで一度試してみる

多くのクリニックやサロンでは初回カウンセリングというサービスを実施しています。こうした専門的なところで脱毛を初めてする方にとって大きな助けとなるでしょう。色々な悩みや処理したい部位、尋ねたいことなどをカウンセリングで相談していくのは不安を解消する上でも良いことです。

また、カウンセリング時に脱毛処理を体験させてくれるところもあります。契約を結べばこれから長い期間たびたび処置することになるので、こうした体験をして痛みについて知っておくことは重要です。想像している痛みがどれぐらいのものなのか実際の痛みと比較してみましょう。そのときに痛みが強かったら麻酔の使用を検討すれば良いのです。具体的にどのぐらいの痛みかが分かれば脱毛方法を選ぶ基準にもなります。

 

脱毛機の強さを調節してもらう

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛といった脱毛機器には出力の調整機能がついているものです。もし痛みが激しく我慢できないほどだったなら機器の出力を下げてもらうようにお願いしましょう。出力が弱ければそれだけ毛穴に照射される熱も弱く、従って痛みの神経を刺激しにくくなるのです。

ですがクリニックやサロンではきちんと効果のある出力を設定しているので、出力を下げることで効果が弱まり通院回数が増えることになるかもしれません。予算との兼ね合いもあるので、よく考えてから出力を抑えることを提案するようにしましょう。1回だけ試しに出力を落としてみるというのも良い方法です。結果的に出力を弱めても効果が認められるなら楽に脱毛処理をしていけるようになります。

 

痛い時は我慢せずに言おう

痛みというのは人間が生活する上で欠かせない感覚です。もしフラッシュやレーザーの照射があまりにも痛すぎる場合、それはかなりの負担を体に課しているのかもしれません。そんなときは耐え忍ぶのではなくしっかりとスタッフに痛みが強すぎることを告げましょう。何回も通院する場合、同じような苦痛を味わい続けていてはたまりません。

確かに脱毛処理は痛いものですが、対策はきちんと存在します。脱毛機器の出力を下げたり肌を冷却したり麻酔をかけることだってできるのです。そしてスタッフは患者に苦痛を味あわせたいわけではありません。痛いときはきちんと痛いと告げ、スタッフと共に気持ちよく脱毛処理をしていける形を作り上げていきましょう。

 

痛いときには麻酔が有効

私達が感じる痛みに対して麻酔は有効に働いてくれます。脱毛処理の場合は処理部位に直接塗布する麻酔クリームと、吸い込むことで気分を楽にする笑気麻酔が良く使われている状況です。痛みが強いなら素直に麻酔を使ってしまいましょう。

きちんと安全性が担保されているので必要以上に怖がる必要はありません。

 

まとめ

VIO脱毛となるとデリケートな部位なので脱毛することに懸念を抱くのは当然です。ですが麻酔を始めとして痛みを抑える対策はありますし、脱毛機器も日々進化しています。

SHR方式のフラッシュ脱毛なら痛みではなく温かさを感じることになるはずです。脱毛は決して怖いものではありません。

情報を集めしっかりとカウンセリングをし、自分の望む脱毛方法を見据えることができたなら痛みに対する過剰な不安は払拭されるはずです。

不安が無くなったなら思い切って気になるVIOラインをスッキリさせてしまいましょう!

痛くない脱毛法 ランキング

更新日:

痛くない脱毛ってどこ

こちらの記事も読まれています

Copyright© 痛くない脱毛おすすめランキング2018! , 2017 All Rights Reserved.